<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

指輪のゆくえ(ホビット雑談)

ツイッター上で拾った情報によると、「エレボールへの遠征」の内容は、版権の関係で映画には使えないそうですね。
「ビルボがあんまりダメダメだったので、トーリンが激怒したけど、ガンダルフに説得されて渋々同行させた」が採用されなかったのはその為か。

…まあ、その方が良かったけど(^^;)。

以下、原作結末ネタバレがありますので、畳みます。未読の方はご注意。



続きを読む >>
楊翠霞 * ホビット話 * 01:52 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

ホビット 思いがけない冒険(5回目)

近所でIMAX上映が終わってしまうので、急いで見に行って来ました。
これで三連続週末ホビット。どひー。

で、午前中にたまたまあまぞんさんに注文していた『終わらざりし物語』の下巻(上下巻注文してたんだけど、なぜか下巻だけ先に来たww)が届いたので、「エレボールへの遠征」を読んでから行きました。
『終わらざりし物語』自体は、図書館で借りてかなり前に読了していたのですが、当時は『ホビットの冒険』未読で「話が見えなーい」状態だったんで(苦笑)。
まあ、そうしたら、いろいろ興味深かったですね。(ちょっと長くなったし、原作の結末バレがあるので、一応畳みます。)
続きを読む >>
楊翠霞 * ホビット話 * 07:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

ホビット 思いがけない冒険(4回目)

というわけで、あっという間に4回目鑑賞だす。
早く行かないと終わっちゃう!って焦るんですよねー。
来週でいいやって思ってたらもうやってなかったらどうしよう、みたいな。

で、前回の課題、「13人のドワーフの顔と名前を一致させる」ですが、最初ドーリとオインがとっさに見分けがつかなかったりして、多少あたふたしましたが、だんだん大丈夫になりましたv(^-^)。
てか、ほんっとグローインはギムリに似てるんですね!(超今更)
13人のドワーフの個性が把握できるようになると、いろいろ細かい描写が楽しいですー。
もう一回行こっと。

もう公開から日が経ってるので、畳まなくてもいいかなと思ったんですが、ラストシーンの話とかもしちゃったんで、一応畳みますね。
続きを読む >>
楊翠霞 * ホビット話 * 01:25 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

ホビット 思いがけない冒険(3回目)

てなわけで3回目、見て参りました。
今度はトールキンサイトを運営されているL様にご一緒して頂いたので、いろいろ教えて頂きましたー。

で、意外とその他ドワーフさんたちも戦闘力高いってわかりました。
前回、一部を除けばホビットとどっこいどっこいとか言ってすみません。
ボンブールとかも凄い頑張って戦ってましたね。いや、ほんとすんません。
でも、ビルボとそれ以外の戦闘能力の差とかって、余り画面からは伝わらなかったよねん。
石の巨人たちの場面でも、ビルボが落ちそうになったのはたまたまで、別に能力が劣ってたせいではないんだが。

何でそこでキレるんですか、トーリン王子www…って、まあこれは別の話。

LOTRの時は初見では動体視力が全くついていけなかった戦闘シーンも、2回目になるとだいぶ目が慣れて見分けられるようになったのに、ホビットは3回目でもさっぱりだよー。年のせいで動体視力が落ちたのかすらー。

てか、今回、真剣に「あー次回までにドワーフ13人全員の顔と名前を一致させんといかんなー」って思いますた。これ誰だっけって考えながら見てたせいか、ちょっと集中を欠いたかも。
映画見てる時点で顔と名前が一致してたのは、トーリン、バーリン、ドワーリン、フィーリ、キーリ、ボフール、ボンブール、オーリの8人だけだったけど、映画見終わった後、L様に教えて頂いて、ドーリ、ノーリ、オーリは分かるようになりました。可愛い兄弟ですよねー。
13人のドワーフはそれぞれ公式の裏設定があるそうで、例えばノーリは故郷で何かやらかしていられなくなったので、この旅の一行に加わったんだそう。末っ子のオーリがノーリに着いて行きたがったので、一番上のお兄ちゃんのドーリが末っ子の面倒を見るために同行したんだそうな。
そうと知っていると、裂け谷での「野菜も食べなさい」「葉っぱ嫌い」会話がさらに微笑ましさが増しますね!いや見てる間はこの二人が兄弟って認識してなかったんだけどね!
この後は原作『指輪』の未映像化部分のネタバレになるので、隠しますね。おっけーな人は反転して下さい。
オーリはバーリンと一緒にモリアに同行して、そこでオークに殺されるんですよね…。映画でははぶかれてますが、モリアでギムリがオーリの記録を読むシーンがあるんですよ。
何か切ないなあ…。兄ちゃんたちはこの知らせをどんな気持ちで聞いたのかな…。

ビフールも何とか分かるかなー。オインとグローインが微妙に自信なし…。

L様とお話していて、ビルボにとって、トーリンのような王族という存在を見るのは初めてで、それで彼はトーリンに興味を持ったのではないかという話が出たのですが。

それはトーリンにとっても同じなんではって、後でいろいろ考えて思い当ったです。
あの一行の中で(ガンダルフは別として)、ビルボだけが、彼が導くべき民ではないんですよ。
この旅の間はともかく、その将来については全く責任を持つ必要がない、対等な、自立した存在。
そして、誰の民でもない、自分の世界を持った自由な存在。
非力で守るべき存在という先入観が取り払われた最後にトーリンはそれに気づいたんだろうなー。
多分、トーリンは、それまでの人生で、自分と対等な立場の存在と親しく付き合うという経験はほとんどなかったと思うんですよね。ビルボに対する当惑も、意外とその辺りに起因している面も大きいのかなーなどと。

要するに、トーリンとビルボって、お互いに相手が目新しい同士ってことなんですぬー。

トーリンってさー、方向音痴疑惑があったり(2回も迷ったってよく意味が分からないw)、あれだけ騒々しいドワーフの皆さんの中で、物静かで口が重かったり、口を開いても余り本心を率直に語れなかったり。
そもそもビルボのことを「足手まとい」「邪魔」って言ってんのって、トーリンだけなんですよ。他のドワーフたちもそういう発言をしているならまだしも。ボブールやバーリンのように積極的にビルボへの好意を表に出すまでもなく、みんなビルボのこと好きだよね。
ゴブリンの地下王国を脱出した後でビルボが消えたと思ったら、みんなガッカリしてるし。あそこでガッカリしないで怒ってたのはトーリンだけッスよ。
もーだからツンデレっぷりが際立っちゃうだよねーって、詳しくは裏で!

でも、冒頭の回想で、黙々と鎚を振う姿にぐっと来たわ。『追補編』の記述が想起されるという指摘があったけど、今その記述を読むと、映画の映像を思い出してじんと来るわ。

あ、エルロンド様たちの軍にぐるぐる取り囲まれた時、ボブールが咄嗟にビルボを円陣の中に引き入れたとこが良かったー。
あと、ビルボがみんなと一緒に行く宣言をした時、隣でバーリンがニコニコしてるのがすっげーツボった。バーリンはほんとビルボのこと気に入ってるよね。

前日に「シャーロック2」の再放送を見てからの「ホビット」鑑賞だったけど、ビルボよりジョンの方がいつも深刻そうな顔をしているよなって思いました。当たり前だけど。いやでもマーティンってほんと上手いなー。似ているようで全然違うもんな、ジョンとビルボ。

1月4日 ユナイテッドシネマ浦和 IMAX3D字幕にて鑑賞
楊翠霞 * ホビット話 * 01:19 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

ホビット 思いがけない冒険(2回目)

余りと言えば余りな興行成績に、急遽早々と二回目鑑賞に走ることにしたんですが。

あんまり慌ててたせいか、IMAX上映館でIMAXでない回に行ってしまいますた。
そして、IMAXでない3Dは超見づらいってことを思い出しちゃったよ、ママン…。
まあ、始まってみれば、楽しくて、そんなことは忘れましたけどね!

みんな!ホビット面白いよ!LOTR見てなくても、原作知らなくても、全然楽しめるから、みんな、ホビット見て見て見て!

ネタバレかもなので、畳みまする。
続きを読む >>
楊翠霞 * ホビット話 * 22:39 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

ホビット 思いがけない冒険

IMAX 3Dで見ました見ました!
もうハラハラドキドキの連続で見終わった後もドキドキが収まりませんでした。
いやー楽しかった。
個人的には、映画としてはLOTRより好きかもしれません。

(ネタバレがあるかもなので、たたみまっす)
続きを読む >>
楊翠霞 * ホビット話 * 21:20 * comments(2) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ