<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

10〜12月の歌舞伎まとめ

この秋は、何かと気ぜわしくて、鑑賞した舞台の感想もその都度書いていく余裕もない状態で(泣)。
12月に入ってやっと落ち着いたので、ぼちぼち映画の感想は上げられているのですけども、お芝居の方はあんまりたまり過ぎちゃってそれぞれで単独の記事立てるのは大変だけど、記録としては残しておきたいので、メモ的にツイッターでつぶやいたものをまとめる形で投稿したいと思います。

まずは歌舞伎から。(思いのほか長くなったので畳みます)
続きを読む >>
楊翠霞 * 観劇(歌舞伎) * 05:54 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

新橋演舞場 六月大歌舞伎 昼の部

6月25日 新橋演舞場 2階正面6列目下手寄り

「小栗栖の長兵衛」
長兵衛/市川中車、馬士弥太八/市川右近、妹おいね/市川笑三郎、
堀尾茂助/市川月乃助、猟人伝蔵/市川弘太郎、父長九郎/市川寿猿、
巫女小鈴/市川春猿、僧法善/市川猿弥、七之助/市川門之助

初代市川猿之助・三代目市川段四郎五十回忌追善、
二代目市川猿翁・四代目市川猿之助・九代目市川中車襲名披露、
五代目市川團子初舞台 口上
猿之助改め猿翁、亀治郎改め猿之助、中車、初舞台團子
幹部俳優出演

三代猿之助 四十八撰の内「義経千本桜」川連法眼館の場
市川猿之助宙乗り狐六法相勤め申し候
佐藤忠信・忠信実は源九郎狐/市川亀治郎改め猿之助、駿河次郎/市川門之助、
亀井六郎/市川右近、飛鳥/坂東竹三郎、川連法眼/市川寿猿、静御前/片岡秀太郎、
源義経/坂田藤十郎













何しろ話題の舞台ですから、いつもより人多目、それも歌舞伎ビギナーっぽい(隣の席のマダムは、演舞場2階にトイレがないと思ってた)人多目で、何となくカオスですた。

んで、何しろ話題の舞台ですから、チケットは激戦で、いつもの2階右列はゲットできず。仕方なく余ってた1等席を買ったんですけども。
演舞場は、本当に席の等級の割り振りは見直した方がいい。2階最後列と1階前列が同じ値段って、ないわー。
続きを読む >>
楊翠霞 * 観劇(歌舞伎) * 15:42 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

團菊祭五月大歌舞伎 昼の部

5月27日 松竹座 3階右列一桁台

「菅原伝授手習鑑」寺子屋
松王丸/尾上松緑、武部源蔵/市川海老蔵、源蔵女房戸浪/中村梅枝、
御台園生の前/上村吉弥、涎くり与太郎/坂東亀寿、春藤玄蕃/坂東亀三郎、
松王女房千代/尾上菊之助

新古演劇十種の内「身替座禅」
山蔭右京/尾上菊五郎、太郎冠者/河原崎権十郎、侍女千枝/坂東巳之助、
同 小枝/尾上右近、奥方玉の井/市川團十郎

「恋飛脚大和往来」玩辞楼十二曲の内 封印切
  新町井筒屋の場
亀屋忠兵衛/坂田藤十郎、傾城梅川/尾上菊之助、丹波屋八右衛門/坂東三津五郎、
井筒屋おえん/中村東蔵、槌屋治右衛門/市川左團次

基本的に、松竹座は3階の右列ばかり座ってる気がするんだけど、視界が手すりで3分の2も塞がれる席だったっけって感じで、恐ろしく見づらかったです。
隣が空席で迷惑をかける心配がなかったので、遠慮せずに半座りでやや前のめり気味でずっと見てたら、足腰が痛くなた…。
続きを読む >>
楊翠霞 * 観劇(歌舞伎) * 15:34 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

平成中村座 三月大歌舞伎 夜の部

3月21日 平成中村座 1階右列一桁台

片岡十二集の内
「傾城反魂香」土佐将監閑居の場
浮世又平後に土佐又平光起/片岡仁左衛門、土佐将監光信/片岡亀蔵、
土佐修理之助/坂東新悟、狩野雅楽之助/市川猿弥、又平女房おとく/中村勘三郎

六代目中村勘九郎襲名披露 口上
勘太郎改め勘九郎
幹部俳優出演

「曽我綉侠御所染」御所五郎蔵
御所五郎蔵/中村勘太郎改め勘九郎/星影土右衛門/市川海老蔵、
傾城逢州/中村七之助、梶原平蔵/片岡亀蔵、新貝荒蔵/市川男女蔵、
秩父重介/中村国生、二宮太郎次/市川猿弥、花形屋吾助/笹野高史、
傾城皐月/中村扇雀、甲屋与五郎/片岡我當

「元禄花見踊」
元禄の衆/中村児太郎、同/虎之介、同/中村鶴松、同/中村宜生、同/中村国生

ほんとは、今月は中村座ではなくて南座に行く予定だったんですけど。
きっちーの「熊谷陣屋」とか壱太郎ちゃんとか見に行く予定だったんですけど。
諸事情で諦めますた。
やけくそで大奮発で取ったら、役者と目が合うんじゃないかってビビるような席になってしまいますた。口上の時本気でエビと目が合いそうで、何か視線が泳いじゃった。
続きを読む >>
楊翠霞 * 観劇(歌舞伎) * 20:28 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

新橋演舞場 二月大歌舞伎 昼の部

2月26日 新橋演舞場 2階右列3列目中央

歌舞伎十八番の内「鳴神」
鳴神上人/中村橋之助、所化白雲坊/片岡亀蔵、所化黒雲坊/市川男女蔵、
雲の絶間姫/中村七之助

新古演劇十種の内「土蜘」
僧智籌実は土蜘の精/中村勘太郎改め中村勘九郎、源頼光/坂東三津五郎、
侍女胡蝶/中村福助、平井保昌/中村橋之助、渡辺綱/中村松江、
坂田公時/坂東巳之助、碓井貞光/中村児太郎、ト部季武/中村国生、
太刀持音若/中村宜生、巫子榊/中村芝雀、番卒藤内/中村勘三郎、
番卒次郎/片岡仁左衛門、番卒太郎/中村吉右衛門

「天衣紛上野初花」河内山 質見世より玄関先まで
河内山宗俊/片岡仁左衛門、松江出雲守/中村勘太郎改め中村勘九郎、
宮数馬/中村錦之助、腰元浪路/中村隼人、北村大膳/澤村由次郎、
高木小左衛門/中村東蔵、後家おまき/片岡秀太郎、和泉屋清兵衛/片岡我當

まあ、何しろ名古屋遠征の翌日だったものですから。
お目当ては「河内山」だしーって感じで、どうにも気力が出ず。
「鳴神」は、ブッチしますた。
ごめんにょ。

東銀座の駅の階段を上がってたら、反対側からテレビクルーが降りてきたので、何じゃらほいと思って地上に出たら、ちょうど晴海通りを東京マラソンが駆け抜けていたところだった。
誰か有名なランナーが通り過ぎた後だったのかしら。
続きを読む >>
楊翠霞 * 観劇(歌舞伎) * 20:57 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

御園座 二月花形歌舞伎 夜の部

2月25日 御園座 1階6列上手寄り

通し狂言「青砥稿花紅彩画」白浪五人男
 序幕 初瀬寺花見の場
    神輿ヶ嶽の場
    稲瀬川谷間の場
 二幕目 雪の下浜松屋の場
     同 蔵前の場
     稲瀬川勢揃の場
 大詰 極楽寺屋根立腹の場
    同 山門の場
    滑川土橋の場

弁天小僧菊之助/尾上菊之助、南郷力丸/尾上松緑、忠信利平/坂東亀三郎、
鳶頭清次・青砥左衛門藤綱/坂東亀寿、赤星十三郎/中村梅枝、
浜松屋宗之助/中村萬太郎、千寿姫/尾上右近、浜松屋幸兵衛/河原崎権十郎、
局柵/市村萬次郎、日本駄右衛門/市川團蔵






















御園座初見参でございます。
劇場の裏手に↑のような仕掛け時計があって、面白かったです。
名乗りの台詞入りで、五人男のからくり人形が順番に登場するんです。
ちなみに、声の出演は↓






















劇場の中に入ると、席で飲食できなくて、そのせいかお弁当売ってなかったりと、ちょっと他の歌舞伎やってる劇場とは違う趣き。コクーンは歌舞伎やってる時は席で飲食できたりするのにね。

でも、お芝居はすっごく良かったです!
遠征、ちょっと迷ったんですけど、せっかくの菊ちゃん座頭公演だしって思って、その上思い切って1階前列(端っこだけど)押えて、本当に良かった!
続きを読む >>
楊翠霞 * 観劇(歌舞伎) * 04:06 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

新橋演舞場 壽 初春大歌舞伎 昼の部

1月7日 新橋演舞場 2階右列一桁台

「相生獅子」
姫/中村魁春、姫/中村芝雀

「祇園祭礼信仰記」金閣寺
此下東吉実は真柴久吉/中村梅玉、雪姫/尾上菊之助、
十河軍平実は佐藤正清/中村錦之助、松永鬼藤太/中村松江、
狩野之介直信/中村歌六、慶寿院尼/中村東蔵、松永大膳/坂東三津五郎

「盲長屋梅加賀鳶」加賀鳶
  本郷木戸前勢揃いより
  赤門捕物まで
天神町梅吉・竹垣道玄/尾上菊五郎、女按摩お兼/中村時蔵、
春木町巳之助/坂東三津五郎、魁勇次/中村又五郎、虎屋竹五郎/中村錦之助、
昼ッ子尾之吉/尾上菊之助、磐石石松/中村松江、数珠玉房吉/坂東亀三郎、
御守殿門次/坂東亀寿、金助町兼五郎/尾上松也、お朝/中村梅枝、
妻恋音吉/河原崎権十郎、天狗杉松/坂東秀調、御神輿弥太郎/市川團蔵、
道玄女房おせつ/中村東蔵、伊勢屋与兵衛/坂東彦三郎、雷五郎次/市川左團次、
日蔭町松蔵/中村吉右衛門

この日は、たまたま2月の文楽東京公演のチケット発売日とかぶってしまって、そちらを優先するために1コ目の踊りはぶっち。
国立も携帯でチケット買えればいいのに…。
何しろ発売開始10分で第2部の土日祝日分は完売だからねー。住大夫人気恐るべしデスヨ。
続きを読む >>
楊翠霞 * 観劇(歌舞伎) * 18:18 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

平成中村座 十二月大歌舞伎 夜の部

12月18日 平成中村座 1階11列下手寄り

「芦屋道満大内鑑」葛の葉
女房葛の葉・葛の葉姫/中村扇雀、安倍保名/尾上松也、信田庄司/片岡亀蔵

「積恋雪関扉」
関守関兵衛実は大伴黒主/中村勘太郎、傾城墨染実は小町桜の精/尾上菊之助、小野小町姫/中村七之助、良峯少将宗貞/中村扇雀

秀山十種の内「松浦の太鼓」
  両国橋の場
  松浦邸の場
  同 玄関先の場
松浦鎮信/中村勘三郎、大高源吾/尾上菊之助、お縫/中村七之助、宝井其角/坂東彌十郎

この日は、劇場に入る前にちとたしとかないかん用があったので、「葛の葉」はぶっちしますた。
いや、少し家を早く出れば良かったんだけど、もうちょっとゆっくりしたかったし、あんまり評判も良くな(ケフンケフンだったのでー。

この日の席は、11列目ということは、竹席の最前列ですので、全く視界の遮られない快適な席。
続きを読む >>
楊翠霞 * 観劇(歌舞伎) * 00:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

京都四條南座 當る辰歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 昼の部

12月13日 京都四條南座 3階5列目センター

「寿曽我対面」
工藤左衛門祐経/片岡我當、曽我十郎祐成/片岡孝太郎、曽我五郎時致/片岡愛之助、
大磯の虎/上村吉弥、化粧坂少将/中村壱太郎、八幡三郎/中村萬太郎、
近江小藤太/中村亀鶴、鬼王新左衛門/片岡進之介、小林妹舞鶴/片岡秀太郎

「お江戸みやげ」
お辻/坂東三津五郎、阪東栄紫/片岡愛之助、お紺/中村梅枝、市川紋吉/上村吉弥、
角兵衛獅子兄/中村萬太郎、鳶頭六三郎/河原崎権十郎、女中お長/市川右之助、
常磐津文字辰/坂東竹三郎、おゆう/中村翫雀

「隅田川」
斑女の前/坂田藤十郎、舟長/中村翫雀

「与話情浮名横櫛」
 木更津海岸見染の場
 源氏店の場
与三郎/片岡仁左衛門、妾お富/中村時蔵、鳶頭金五郎/坂東三津五郎、
和泉屋多左衛門/市川左團次、蝙蝠安/尾上菊五郎






















この日は京都駅のコインロッカーに荷物を預けてから、JR→京阪で南座に向かったんですが、性懲りもなくホテルでゆっくりし過ぎて、またも席に着いた途端、5分前ブザー。
やっぱ、自分、京都に来ると無闇にリラックスしてまうのね。日常から程よく距離感あって、その割には土地勘がそこそこあり勝手が分かってるから不安感ないし。
でも、この日は京都駅の駅ビルのおにぎり屋さんでおにぎりをゲットしたので、昼食難民は回避したお?

東西合同歌舞伎とは言いながら、やっぱり上方中心な感じなのは、音羽屋さんの御曹司ズが二人とも貸出し中(日生と中村座)だからか。
続きを読む >>
楊翠霞 * 観劇(歌舞伎) * 20:15 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

京都四條南座 當る辰歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 夜の部

12月12日 京都四條南座 3階5列目センター

「楼門五三桐」
石川五右衛門/片岡我當、久吉家臣左忠太/片岡進之介、同右忠太/中村壱太郎、
真柴久吉/片岡秀太郎

「源平布引滝」実盛物語
斎藤別当実盛/尾上菊五郎、小万/中村時蔵、御台葵御前/片岡孝太郎、
九郎助女房小よし/市川右之助、百姓九郎助/市村家橘、瀬尾十郎兼氏/市川左團次

「元禄忠臣蔵」仙石屋敷
大石内蔵助/片岡仁左衛門、磯貝十郎左衛門/片岡愛之助、大石主税/中村壱太郎、
大高源吾/中村亀鶴、富森助右衛門/市川男女蔵、伴得介/尾上右近、
堀部安兵衛/河原崎権十郎、桑名武右衛門/坂東秀調、鈴木源五右衛門/市村家橘、
吉田忠左衛門/市川團蔵、仙石伯耆守/坂東三津五郎

「六歌仙容彩」喜撰
喜撰法師/坂東三津五郎、祇園のお梶/中村時蔵

「らくだ」
紙屑屋久六/中村翫雀、らくだの宇之助/中村亀鶴、丁稚長吉/中村壱太郎、
脳天の熊五郎/片岡愛之助

南座まで徒歩圏内という油断のせいか、ホテルにチェックインしてからついゆっくりし過ぎてしまい、座席に着いたら開幕5分前ブザーが鳴ってしまうという失態。東京でも20分前には劇場に入ってるのに。何この油断。
おかげで外で食べ物を確保し損なうというミステイク。南座の売店って、ガッツリした寿司弁当か幕ノ内しかなくておにぎりとかサンドウィッチとか軽食系が皆無(最近ガッツリしたお弁当が食べられない)だったので、まさかの夕食難民…。
続きを読む >>
楊翠霞 * 観劇(歌舞伎) * 18:25 * comments(2) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ