<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

レ・ミゼラブル(2013年版)(7回目)

10月14日 マチネ 中日劇場 2階 D列下手寄り

作:アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク
原作:ヴィクトル・ユゴー
潤色・演出:ジョン・ケアード/トレバー・ナン
出演:ジャン・バルジャン/キム・ジュンヒョン、ジャベール/吉原光夫、
エポニーヌ/平野綾、ファンティーヌ/和音美桜、コゼット/若井久美子、
マリウス/山崎育三郎、テナルディエ/萬谷法英、マダム・テナルディエ/谷口ゆうな、
アンジョルラス/杉山有大、リトル・コゼット/武田有紀子、
リトル・エポニーヌ/近貞月乃、ガブローシュ/鈴木知憲、司教/田村雄一、
工場長/石飛幸治、バマタボア/宇部洋之、グランテール/菊地まさはる、
フイイ/神田恭兵、コンブフェール/原慎一郎、クールフェラック/高舛裕一、
ジョリ/篠田裕介、プルベール/安部三博、レーグル/持木悠、パペ/櫻井太郎、
ブリジョン/北村がく、クラクスー/土倉有貴、モンパルナス/大津浩哉、
ファクトリー・ガール/三森千愛、買入れ屋/廣野有紀、かつら屋/柳本奈都子、
マダム/本田育代、女/児玉奈々子、藤咲みどり、石田佳名子、綿引さやか、
島田彩、松本ほなみ

名古屋公演は二回チケットを押えてたんですが、体調とかスケジュールとかいろいろ考慮した結果、一回は手放すことにしました(T_T)。おけぴに出したらすぐに引き取り先が見つかったけどねー。

…ていうわけで、初中日劇場です。
ビルの上階にある劇場って入場が大変で好きじゃないんですが(パルコとか)、ここはエレベーター3機をフル稼働しての誘導が大層手際がよくて、割とスムーズに入場できました。
ロビーに座るところがたくさんあるのがいいなー。
ステージは帝劇より一回り小さい?新演出の大がかりな舞台セットがやや手狭気味で、旧演出の方が合いそうって思いましたが。

続きを読む >>
楊翠霞 * レミゼ話 * 17:32 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

歌舞伎座新開場柿葺落 九月花形歌舞伎 夜の部

9月16日 歌舞伎座 2階2列センター

新開場記念 新作歌舞伎
新作「陰陽師」滝夜叉姫
第一幕 都大路
    「晴明、百鬼夜行に遇いしこと」より
第三幕 貴船山中
    「将門復活。最後の戦いと大団円」まで

安倍晴明/染五郎、平将門/海老蔵、興世王/愛之助、桔梗の前/七之助、
賀茂保憲/亀三郎、平維時/亀寿、大蛇の精/新悟、蘆屋道満/亀蔵、
平貞盛/市蔵、雲居寺浄蔵/権十郎、小野好古/團蔵、源博雅/勘九郎、
俵藤太/松緑、滝夜叉姫/菊之助                                      

今回、高い席に座ったのは、奮発したのではなくて、諸事情で先行販売日に買えなくて、ひたすら戻りを待ってて、最初に戻りが来た席をとにかく確保したからです。ぷ。
そしたら、二階は三階ほど傾斜がなくて、真ん前に座高の高い紳士がお座りになってしまって、視界のど真ん中に頭が…。
しかもぐらぐら頭を動かすので、こちらもそれに合わせて視線の位置を変えなくてはならず、お芝居に集中できなくて、たまりかねて注意してしまったら、気まずかったのか、幕間明けにお連れの奥様らしき中肉中背の女性と席代わってたので、助かったww

でも、前に座高の高い人が座るというリスクを考えると、三階の方がコスパがいいかもと思った次第。一階も余り傾斜がなさそうだしね。

閑話休題。
今回は何と言っても演目が演目で、自分も歌舞伎ファンと言うより、陰陽師ジャンル者として観劇に臨みましたので、カテゴリーは「観劇(歌舞伎)」ではなく、「陰陽師話」とさせて頂きます。ふふふ
続きを読む >>
楊翠霞 * 陰陽師話 * 21:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

英国旅行記ぁ.宗璽襯坤戰蝓爾肇好函璽鵐悒鵐

夏休みの前半にふと思い立っての英国旅行について、次のテーマに分けて順次レポを上げていきたいと思います。

.蹇璽泪鵝Ε屮螢謄鵑鬚瓩阿詢
▲轡磧璽蹈奪・ホームズをめぐる旅
ナルニア国物語をめぐる旅(裏ブログにアップ済み)
ぅ宗璽襯坤戰蝓爾肇好函璽鵐悒鵐
ゥ蹈鵐疋鵑弔譴鼎

ということで、,埜譴辰織弌璽垢らツアーで向かったソールズベリーとストーンヘンジの印象について。
続きを読む >>
楊翠霞 * 旅日記 * 23:39 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

英国旅行記◆.轡磧璽蹈奪・ホームズをめぐる旅

夏休みの前半にふと思い立っての英国旅行について、次のテーマに分けて順次レポを上げていきたいと思います。

.蹇璽泪鵝Ε屮螢謄鵑鬚瓩阿詢
▲轡磧璽蹈奪・ホームズをめぐる旅
ナルニア国物語をめぐる旅(裏ブログにアップ済み)
ぅ宗璽襯坤戰蝓爾肇好函璽鵐悒鵐
ゥ蹈鵐疋鵑弔譴鼎

ということで、続きまして、シャーロック・ホームズのゆかりを訪ねる旅。と言っても、ロンドンの「シャーロック」のロケ地巡りと現在のベーカー街のシャーロック・ホームズ博物館ぐらいですが。
かつてマンチェスターのスタジオにあったグラナダ版のベーカー街セットに、一度でいいから行きたかったわねー…(遠い目)。
続きを読む >>
楊翠霞 * 旅日記 * 22:52 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

英国旅行記 .蹇璽泪鵝Ε屮螢謄鵑鬚瓩阿詢

夏休みの前半は、ふと思い立ってひさびさに海外旅行でも、といろいろ念願があった(何それ)英国に旅立つことにしました。

スケジュールはこんな感じ。

8/3 成田発スキポール経由ヒースロー着
8/4 ナショナル・ギャラリー見学、ロンドン塔などロンドン市内観光
8/5 現地ツアー:バース〜ソールズベリー〜ストーンヘンジ
8/6 オックスフォード観光
8/7 シャーロック・ホームズ博物館見学、「レ・ミゼラブル」鑑賞、ショッピング
8/8 ロンドンシティ発スキポール経由
8/9 成田着

この旅について、次のテーマに分けて順次レポを上げていきたいと思います。

.蹇璽泪鵝Ε屮螢謄鵑鬚瓩阿詢
▲轡磧璽蹈奪・ホームズをめぐる旅
ナルニア国物語をめぐる旅(裏ブログにアップ済み)
ぅ宗璽襯坤戰蝓爾肇好函璽鵐悒鵐
ゥ蹈鵐疋鵑弔譴鼎

は別に裏的内容ってわけではないんですがw、いろいろアレな展開になっちゃったんで、裏でこっそりと。

というわけで、まずは去年の映画「第九軍団のワシ」鑑賞以来突発的に来たM.サトクリフ・ブームから、ローマン・ブリテン(古代ローマ帝国時代のブリタニア)をめぐりたかった旅について。
続きを読む >>
楊翠霞 * 旅日記 * 23:01 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ