<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 英国旅行記 .蹇璽泪鵝Ε屮螢謄鵑鬚瓩阿詢 | main | 英国旅行記ぁ.宗璽襯坤戰蝓爾肇好函璽鵐悒鵐 >>

英国旅行記◆.轡磧璽蹈奪・ホームズをめぐる旅

夏休みの前半にふと思い立っての英国旅行について、次のテーマに分けて順次レポを上げていきたいと思います。

.蹇璽泪鵝Ε屮螢謄鵑鬚瓩阿詢
▲轡磧璽蹈奪・ホームズをめぐる旅
ナルニア国物語をめぐる旅(裏ブログにアップ済み)
ぅ宗璽襯坤戰蝓爾肇好函璽鵐悒鵐
ゥ蹈鵐疋鵑弔譴鼎

ということで、続きまして、シャーロック・ホームズのゆかりを訪ねる旅。と言っても、ロンドンの「シャーロック」のロケ地巡りと現在のベーカー街のシャーロック・ホームズ博物館ぐらいですが。
かつてマンチェスターのスタジオにあったグラナダ版のベーカー街セットに、一度でいいから行きたかったわねー…(遠い目)。
【ロンドン「シャーロック」ロケ地めぐり】
ロンドン・ウォールを見学した後、現地在住のお友達に案内してもらって、「シャーロック」のロケ地を周ってみました。

★セント・バーソロミュー病院
お友達の話だと、イギリスでは、病院は修道院が母体になっているところが多く、一つの敷地というよりも、その区画がすべて病院地区のようになっているところが多いとか。
セント・バーソロミュー病院もかなり広い範囲の区画に及んでいて(中世の街並みのような小奇麗な区画に迷い込んでしまって、「こんなところあったんだ」ってお友達もびっくりしてた)、なかなかドラマで使用された場所を探すのが大変でした。
さんざん歩き回って、何とか発見。





















S2E3、携帯でシャーロックと話していた時のジョンの目線から





















ジョンが自転車と衝突した辺り、お友達が「自転車レーンの出口になってる」と指摘。(写真の左手の方)なるほど!!!





















ちなみにセント・バーソロミュー病院の一画に、スコットランドの英雄ウィリアム・ウォレスの刑場跡であることを示す記念碑がありました。(写真撮ってくればよかったわ。何故か撮り損なった)
お花が供えてあって、今でもスコットランドの人が訪れるのねーとお友達と二人でしみじみしていました。
ちなみに、ウィリアム・ウォレスは四つ裂きの刑で殺されていますが、四つ裂きの刑ってウィッキーさんで調べると、すっげーエグいので、苦手な人は見ない方がいいです。

★ベーカー街221b
現代版ベーカー街は、大きな交差点から少し入ったところで、ちょっとうらぶれた感じの一画でした。
1階のお店はお休み。お昼時しか開いてないそうな。





















2階には「貸室あり」(TO LET)の表示









































★ピカデリー・サーカス
OPに出てくるので、一応。S1E3で人質になった兄ちゃんが立ってた辺り、「あそこだー」って見ちゃったw






















【シャーロック・ホームズ博物館】
レミゼのマチネ公演の前に、念願のベーカー街へ。

地下鉄ベーカー・ストリート駅のホームの壁
















当時の221bは現在は番地が違っているそうですが、1階にショップを併設したホームズの博物館になっています。
7月に先行してロンドンに行っていた妹のはるかクンから「かなり混んでいる」情報があったので、朝いちで行ったのですが、その時点で既に長蛇の列(-_-;)
1階のショップでチケットを買ったら、何と「2時間待ち」だと。
だがしかし、ホームズ博物館訪問は、ロンドン旅行の大事な目的の一つなので、諦めて大人しく列の最後尾へ。
ベーカーストリート駅近くのあるマダム・タッソー館もものすごい行列で、やはりバカンスシーズンの欧州は観光的にもハイシーズンらしいです。
ただ、圧倒的に中国人観光客が多かったなあ、ホームズ博物館待ち列。修学旅行か何かなのか、中学生くらいの団体もいたし。
自分の後ろは韓国人の家族連れだったけど。
アジア圏でホームズ大人気なのか。

入口には当時のお巡りさんのコスプレした人がご案内。中が狭いので入場規制かけてて、5人くらいずつ入れてる感じかな。
















博物館の2階は221bの居間を再現。映画やドラマのセットよりもだいぶ狭い。
















ワトスンが尊敬するゴードン将軍の肖像画。
















ホームズの寝室。

















当時のメイドの格好をしたお姉さんに3階に上がれるか聞いて、3階にはワトスンの寝室が…!とワクテカした上がったら、なかった…。

3階は蝋人形で正典の場面を再現してました。
「マスグレーブ家の儀式書」





















モリアーティ教授






















1階のショップでチケットを買った時に目に飛び込んできて、1枚しか残ってなくて、博物館の見学が終わったら買おうと思って、終わってから行ったら、まだあったので、買ったったジェレミー・ホームズのポートレイト。素敵(ビニールに入れたまま撮ったので、ぺかぺかしててすんません)。




















楊翠霞 * 旅日記 * 22:52 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ