<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< レ・ミゼラブル(2013年版)(5回目) | main | レ・ミゼラブル(2013年版)(6回目) >>

歌舞伎座新開場 柿葺落七月花形歌舞伎 夜の部

7月4日 歌舞伎座 3階2列下手寄り

通し狂言「東海道四谷怪談」
序 幕 浅草観音額堂の場
    宅悦地獄宿の場
    浅草暗道地蔵の場
    浅草観音裏田圃の場
二幕目 雑司ヶ谷四谷町伊右衛門浪宅の場
    伊藤喜兵衛内の場
    元の伊右衛門浪宅の場
三幕目 本所砂村隠亡堀の場
大 詰 滝野川蛍狩の場
    本所蛇山庵室の場
   
お岩・佐藤与茂七・小仏小平/菊之助、直助権兵衛/松緑、奥田庄三郎/亀三郎、
お袖/梅枝、お梅/右近、四谷左門/錦吾、按摩宅悦/市蔵、後家お弓/萬次郎、
伊藤喜兵衛/團蔵、民谷伊右衛門/染五郎

隣の席の紳士の音声ガイドの音漏れ酷い(>_<)
「お芝居の邪魔にならない」って触れ込みだけど、四谷怪談二幕目であんなに喋りまくりでは、思い切り邪魔なんじゃまいか、音声ガイド。
仕事帰りでまたオペラグラス忘れてしまいました…。さすがにもう買えない…。
歌舞伎座もレンタルしてくれんかぬーオペラグラス。

実は歌舞伎の四谷怪談って二回目だったんだけど、大詰ってあんなに怖かったっけ?って思いました。
前回はどちらかと言うと仕掛けとかオモシロかった印象があったんで。岩さんが福助さんやったんがあかんかったやろかって、あ。
今回も深川三角屋敷の場は飛ばしてたな。直助とお袖がどうなったのか、結構みんな気になるんじゃまいか。
例によって『嗤う伊右衛門』のあれこれ(「首になっても動いて見せらあ」とか)つい思い出しちゃいますが。お梅の父親の名前「又市」って、ちゃんと劇中に出て来るのねw

菊ちゃん、ちょっと台詞噛んでたけど、与茂七はむっちゃ爽やかで良かったし、全力投球な岩さんも好印象。
ただ、岩さんにしては、まだちょっと陽のオーラが強いかなー、菊ちゃん。陰惨さが足りない感じ。
染ちゃんの伊右衛門はなかなかいい感じ。色悪のお手本って感じ?どんどん声が叔父様に似てくるわねー。今日はそっくり!ってびっくりしたくらい。
小山三さん、大人気やったw
楊翠霞 * 観劇(歌舞伎) * 03:16 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ