<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 歌舞伎座新開場 柿葺落六月大歌舞伎 第一部、第二部 | main | 歌舞伎座新開場 柿葺落七月花形歌舞伎 夜の部 >>

レ・ミゼラブル(2013年版)(5回目)

6月29日 ソワレ 帝国劇場 2階F列上手寄り

作:アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク
原作:ヴィクトル・ユゴー
潤色・演出:ジョン・ケアード/トレバー・ナン
出演:ジャン・バルジャン/福井晶一、ジャベール/川口竜也、
エポニーヌ/昆夏美、ファンティーヌ/知念里奈、コゼット/若井久美子、
マリウス/原田優一、テナルディエ/駒田一、マダム・テナルディエ/森公美子、
アンジョルラス/上原理生、リトル・コゼット/武田有紀子、
リトル・エポニーヌ/清水詩音、ガブローシュ/加藤清史郎、司教/田村雄一、
工場長/石飛幸治、バマタボア/宇部洋之、グランテール/菊地まさはる、
フイイ/神田恭兵、コンブフェール/杉山有大、クールフェラック/鎌田敏樹、
ジョリ/川島大典、プルベール/安部三博、レーグル/持木悠、パペ/櫻井太郎、
ブリジョン/森山大輔、クラクスー/萬谷法英、モンパルナス/大津裕哉、
ファクトリー・ガール/池田祐子、買入れ屋/般若愛実、かつら屋/柳本奈都子、
マダム/吉川恭子、女/浅野実奈子、藤咲みどり、石田佳名子、綿引さやか、
島田彩、松本ほなみ
今回、初めての福井バルでしたが、キムバルと比べてもやや小柄(コゼットと身長差がそんなにないように見えるw)ではありましたが、歌の表現力が素晴らしいですねー。語るように歌っている感じ。声も綺麗だし。エピローグはボロ泣きでした。
足はまだ本調子じゃないのかな。終盤足引きずり気味だったし、カテコではほとんど走ってなかった。

ただ、吉原バル(映画のヒューバルも)でも気になった、プリュメ街でコゼットに「おやめ」と言う時の態度がつっけんどん過ぎないかというのは福井バルでも感じちゃったな。
山口バルや今井バルでは全く気にならなかったから、新演出だからからなのかしらとも思いつつも、でもキムバルは優しいしなあ。ううむ。

カテコで福井バルと川口ジャベがガッツリハグとか、最後肩組んではけてくとか、仲良しさん(*^.^*)
福井バルだったからかな、川口ジャベは今までで一番良かった。入水シーンは拍手するの忘れる程見入った。

やっぱり理生アンジョ、杉山コンブ、鎌田クルフェの安定感は抜群だね!このアンサンブルの「民衆の歌」は何度聴いてもワクワクするわ。
ところで、ABCメンバーの中にいるメガネ男子がずーっと気になってて、あれがバオレルくんだって情報が流れてた気がするんですが。マジですか。

モリクミさん、存在感凄過ぎ。工場のシーンとか目立ち過ぎやwファンテを派手に突き飛ばすとかw
これ、前回の公演の時も思ったけど、マダム・テナにモリクミさんが入ると、相方のテナ役のテンションも明らか上がるよね?あの人凄いわ。

新演出のコゼットは落ち着きないドジッ子でFAデスか。若井コゼは初めてだけど、一番美少女らしい華があるなって思いました。
原田マリは前回見た時よりいい印象。ただエポの扱いは一番酷いw眼中にない感が酷過ぎww

理生アンジョは声も歌も大好きだけど、立ち姿も素敵なのよね。ちょっと猫背気味でほっそい足を開いて立っているのを観ると鼻息荒くなる(ハアハア

あと、新演出で気になるのは、司教様がバルジャンを家に入れた時、妹さんが文句言っているように見えるところ。
旧演出はハラハラしながらも見てるだけだったよね?
原作でバチスティーヌ嬢がお兄さんを崇拝していて司教様のやることには何も文句を言わなかったというのがツボなので、あれはちょっと。
楊翠霞 * レミゼ話 * 10:04 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

コメント

こんばんは。
随分とお久しぶりの書き込みになってしまいましたが。
お元気そうで何よりです(*^_^*)

ふと思い立ってお尋ねしてみたら サイトも保存されていて嬉しい限りでした(勝手ながら。感謝・感謝ですm(__)m

久しぶりに文章堪能させていただきました。
またそのうちにきちんと書き込みさせていただきます。

今日はこれにて。
いずれまた。
Comment by かつての訪問者 @ 2013/08/04 11:33 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ