<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< レ・ミゼラブル(2013年版)(2回目) | main | 国立劇場 五月文楽公演 第一部 >>

歌舞伎座新開場 柿葺落五月大歌舞伎 第三部

5月19日 歌舞伎座 3階2列下手寄り

「梶原平三誉石切」鶴ヶ岡八幡社頭の場
梶原平三景時/中村吉右衛門、梢/中村芝雀、俣野五郎景久/中村又五郎、
奴萬平/中村錦之助、山口十郎/中村歌昇、川島八平/中村種之助、
岡崎将監/中村米吉、森村兵衛/中村隼人、剣菱呑助/坂東彌十郎、
六郎太夫/中村歌六、大庭三郎景親/尾上菊五郎

「京鹿子娘二人道成寺」道行より鐘入りまで
白拍子花子/坂東玉三郎、白拍子花子/尾上菊之助、
所化/市川團蔵、河原崎権十郎、澤村宗之助、中村萬太郎、坂東巳之助、
尾上右近、中村米吉、大谷廣松、中村隼人、中村虎之介

この日はレミゼのマチネを観た後、帝劇から地下道経由で木挽町広場へ移動。レミゼと歌舞伎の二本立てというゴージャスなんだか無茶なんだがよくわかんないスケジュールでしたが。
「誉石切」時代物にしては軽快で後味爽やかでしたが、文楽で観た方が楽しいかもって思いました。吉右衛門さん、すっごくかっこよかったし、芝雀さんが可愛らしくて情感溢れてて、すっごく良かったけど。

大庭って、本来菊パパみたく幹部級の役者さんじゃなくて、脇役の役者さんがやる役だよね?何か菊パパだと梶原の意図とかさくっとお見通しで、その上で不快がってるように見えた。

大庭方がベテランの脇役陣で、梶原方が御曹司ズっていう配役は面白かったな。梶原方が善玉というより小賢しい若いもんズって感じでw

「二人娘道成寺」玉菊があんまり綺麗であんまり百合百合しててどうしようかと思いましたwてか手拭い踊りであんなに二人の花子が絡む振り付けって、前からありましたっけ?

旧歌舞伎座でやっぱり玉菊で観て以来ですが、前回の時はどうしたって師匠と弟子ってしか見えなかったのに、今回は少なくとも「まるで姉妹」には見えました。それだけ菊ちゃんのポテンシャルが上がったんだなあ、と。あの時は玉さまファンに「一人(玉だけ)でいいのに」って言われてたもんな。

本当に菊花子が生身の女性、玉花子はその怨霊って感じに見えたのにはびっくりしました。
旧ブログを見返してたら、前回のレポにも書いてましたが、玉さまの人外感はぱねェっす。足元透けて見えるんじゃないかと。
二部でにざ様にツンツンされてメソメソしてる人と同じ人とは思えませんでしたよ。

それにしても、何だかパワーアップした感のある「玉姉様」「お菊ちゃん」の百合百合っぷりと来たら。
いつぞや「女暫」での「大和屋のおねえさん」「音羽屋の菊ちゃん」のやり取り以来、百合妄想が頭を離れないんですが。
何この倒錯しまくってジェンダー的に訳わかんなくなっちゃった状態は。玉菊恐るべし。
楊翠霞 * 観劇(歌舞伎) * 20:06 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ