<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 彼の罪源(ホビット雑談) | main | 彼の罪源 その2(ホビット雑談) >>

ホビット 思いがけない冒険(6回目)

今週で上映終了のところが多いので見納めーと思って調べていたところ、新宿ピカデリーではHFR 3Dで上映しているようなので、そういやHFRでは見てなかったなーと思い、週末に足を運んでみました。
で、やはりIMAXでない3Dは見づらかったですが、2回目鑑賞の時の通常の3Dよりはだいぶマシだったかな、と。
やっぱり字幕の内容が頭に入ってこないと言うか見づらいので読むのめんどくさい感じではありましたが、まあ6回目なので、さほど支障はなかったです。

あと、土曜の夜で一回上映、やや小さめのスクリーンとは言え、3分の2くらい埋まってたな。さすが新宿と言うべきか。
みんなリピーターっぽかったけどw
若い男性のグループが、ギャグのシーンで声を上げて笑ってたのが、最初ちょっと嫌だなと思ったけど、映画を楽しんでる感じがして、途中から印象が良くなりましたよ。

(原作結末バレがあるので、畳みます)

んで、6回目の鑑賞にして、ようやく考えなくても13人のドワーフの顔と名前が一致するようになりましたww
ビルボが来る方に賭けてたの、オインじゃん!自分何見てたん!!って感じで、前回鑑賞の記事訂正しますた。うははー。
だもんで、あーボフールとノーリっていたずらっ子仲間なんだなーとか、ドーリが何かとオーリに構ってるとか(野菜食べなさい以外でも)、ボフールは初回鑑賞から分かってたけど、オーリもビルボと仲良しなのねーってのが分かるようになったですって、超今更ですぬ。オーリが何か書いてる場面とかも何となくチェック出来たし。
3回目をご一緒させて頂いたL様が「冒頭で老ビルボが見ていた若ビルボの肖像画を描いたのはオーリでは?」って言うてはったことを思い出して、ああ、そうかも!2部3部のどこに入るのかなーってちょっとワクワクした。

ビルボが「裂け谷に戻る」って言った時、ボフールは、ビルボが帰る決心をした本当の理由(トーリンにキレられたからw)に気づいていて、敢えてスルーしたのかしら。ビルボは「家が恋しいわけじゃない」って言いたそうに見えたけど、言えなかったから、言ってはならない一言(君たちには故郷がない)を口走っちゃった感じだよね。

それから、アザヌルビザールの戦いで、ボルグらしきオークに年配のドワーフが倒されて、その直後にドワーリンが激高する場面があったけど、あれがフンディンということですかしら。そうすると、余計にバーリンとドワーリンが抱き合って泣いてるシーンがじんと来ますね…。

ドワーリンと言えば、例の大デレ発令のリアクションが結構謎なんですけど。もしかして、ガックリ来た?って、あ。
バーリンのビルボ好き好きっぷりも、よく考えれば不思議だわ。ドワーリンは割と距離を置いてる感じなのに。
トーリンにとって必要な存在だって、本能的に察したのかしらって、あ。(そういう話は裏でやれ)

今回、字幕読むのに集中力が必要だったせいか、ゴクリとビルボのシーンをものすごーくのめり込んで見てたので、ゴブリンに捕まってるドワーフご一行の場面に戻ってきた時、素で「あ、この人たちのこと忘れてたわ」って思ったった。ごめんね。

んで、今回は何故か無闇矢鱈にマーティンの表情の可愛さにのめり込んじゃったんですけどー。アゾグと対峙する場面で、一瞬ジョンの顔になるよねw
あと、トーリンにツンされてる時の表情がもー無闇に可愛くて、もっといじめたくなったって、あ。(だからそういう話は裏で)

ツイッターのTLに、中の人インタがよく流れてくるんですが、なかなか興味深い内容がありまして、まあ中でもリチャードさんの「トーリンは黄金への欲望で堕落する」という、これまでの「トーリンの堕落」問題にさくっとケリをつけられてしまった爆弾発言の破壊力と来たらww

多分、「原作通りの展開になります」ってのはネタバレとは思ってないんだろーなー、リチャードさん…。

ただ、そのリチャードのインタビューで「彼は自分の中にある黄金への欲望を恥じている」という発言もあってので、冒頭のエレボールで、黄金への欲望に惑わされるスロールを見守るシーンが無闇につーんと来たわ。

それから、キーリ役のエイダン・ターナーのインタで、キーリにはこの後独自のドラマがあるといった趣旨の発言があったので、もしかしたらキーリのアップが無駄に多いのはイケメンだからではなく、と言うかむしろイケメンがキャスティングされたのは、2部3部でキーリ自身のドラマが語られることへの布石かもって思いました。
インタでは主に叔父であるトーリンとの関係というニュアンスだったんですけども、既に情報として出ている、オリキャラの森の女エルフ、タウリエルとの絡みも含まれるんですかぬ?(叔父さんエルフ・アレルギーだからそこで葛藤が生じるとか)
実は、ベレンとルーシエン、アラゴルンとアルウェンと並ぶ、種族を超えた愛として、キーリとタウリエルの物語とか語り継がれちゃったりするんでしょうかって、イヤすぎる…orz。
まあ、キーリ片想い説もあるんで、是非そっちの方向で。

2月2日 新宿ピカデリー HFR3Dにて鑑賞
楊翠霞 * ホビット話 * 11:26 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ