<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 常ならぬ日々 | main | 国立劇場 通し狂言 絵本合法衢 >>

諦めたらそこで試合終了デスヨ

(3/16 0:46追記あり)

3/14 UEFA チャンピオンズ・リーグ 決勝トーナメント一回戦 2nd.leg

バイエルン・ミュンヘン-インテル 2-3 (2-1)

得点:前半4分 エトー、21分 ゴメス、31分 ミュラー、後半18分 スナイデル、43分 パンデフ

(フォーメーションとla Repubblicaによる採点)※監督は未採点

Bayern Munchen (4-2-3-1): Kraft 6, Lahm 5,5, Van Buyten 6 (25' st Badstuber 5), Breno 6 (45' st Kroos sv), Pranijc 6, Schweinsteiger 5, Luiz Gustavo 5.5, Robben 7(22' st Altintop 5,5), Muller 6.5, Ribery 7, Gomez 7
(1 Butt, 44 Tymoshchuk, 16 Ottl, 18 Klose)
All: Van Gaal

Inter (4-2-3-1): Julio Cesar 5.5, Maicon 5.5, Lucio 6.5, Ranocchia 6, Chivu 6.5 (42' st Nagatomo sv), Cambiasso 6.5, Thiago Motta 5.5, Pandev 7 (45' st Kharja sv), Stankovic 6 (6' st Coutinho 6.5), Sneijder 7.5, Eto'o 8
(12 Castellazzi, 2 Cordoba, 23 Materazzi, 17 Mariga)
All: Leonardo

「諦めない気持ち、日本に届け」って感じで、終わってみれば、奇跡の大逆転でしたけども。
…自分で見せ場作っちゃった感が否めませんよ?

インテルの最初の失点は、ロッベンのシュートをジュリオ・セザールがファンブルしたのを、ゴメスに決められちゃったものだそうです。
試合終了後泣いてたって。良かったな…。

「すぽると!」でハイライト見たので、追記。

・エトーくん、キレキレ。
・ロッベンのドリブルの美しさには、言葉を失うな。
・佑都は、積極的な意味でのスーパーサブ的な役回りになるかも。決勝点に絡んだ上がりの速さ、鮮やかさには絶句。後半の疲れてきた時間帯に、あんな速くてアグレッシヴなの入れられると、相手はすっごくイヤだと思う。監督としては、欲しいコマでは。
・試合終了後、メッセージの書かれた日の丸を持って、一人ピッチに立つ佑都と、満員のスタジアムから降り注ぐ“You'll Never Walk Alone”、という図には、こみ上げるものがあった。
・レオって、軽やかに、でも、情感たっぷりに語れる人なんだなって、今更ながら思ったです。改めて惚れ直したかもー(はぁと)。

エトーくんがゴール決めた後、ベンチの佑都といちゃいち(以下略)していた画像をこっそりゲットしたので、はしゃぎまわるお花監督の画像と共に↓へ。

あと、レオが今度の震災に寄せてくれたメッセージがこちらに。(頭にhを付けて下され)
ttp://www.soccer-king.jp/news/italy/article/201103121355_inter_leonaldo.html

つか、ベンチにフィーゴがおるやん。
相変わらずこゆいのう。
ユート!おまえのために決めたぜ!


















うるせー邪魔すんな













喜んでます



















すっごく喜んでます



















滅茶苦茶喜んでます


















苦悩した時もありました


















どうしてくれよう、ジュリオ…(怒)
楊翠霞 * サッカー話 * 22:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ