<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 三月堂追想 | main | 蒼穹の昴 第6話 >>

ごり〜ん(終)

男子スラローム、録画放送で皆川さんが旗門またいじゃったところを見ました。残念。
でも、面白かったー。前日の女子も楽しかった。
あの、くりんっくりんっってこまめにカーブを描いて滑り降りてくるのがたまりません。

女子カーリングのカナダのスキップの方が素敵って思いました。
お母様って呼びたい。(そんな年ではない)
男子のスキップの方は、恰幅のよい方でしたなー。閉会式の時、まりりんが走っていって、大喜びで一緒に写真撮ってもらってたので、ほのぼのしたです。
試合、じっくり見たかっただよ(T_T)、カーリング。

閉会式は、途中で教育テレビに移っちゃったので、全部録画出来てませんでした。
そういうことは、フィギュアでもあったので、今回、この国営放送の放映体制が一番ストレスですた。もー。

そんな尻切れ閉会式でしたが。
そんなに目を皿にしなくても、結構フィギュア選手が見つかりました。

皆川夫妻、抜かれすぎ。

カナダ人って、どんだけ自国好きやねん。
開会式もその気がありましたが、こんだけ自国アピールの激しい五輪セレモニーは見たことない気がします。

何だか野暮ったいっていうか、垢抜けないっていうか、な感じが、意外とカナダの持ち味なの、かな?

ウィリアム・シャトナー!!
相変わらず丸(ry。

マイケル・J・フォックス!!
元気そうで安心しました。

アラニス・モリセット!!
“Wunderkind”!!!
ナル…!!!!
実況うるせーよ黙れよ歌聞かせろよ(怒怒怒怒怒)

若干女アナが鬱陶しいと思いました。

フィギュアは巷では何やらぎゃーぎゃー騒いでるみたいですが、わたくし的には、大好きな中国ペアがワンツーだったし、大好きなあっこちゃんが素敵な「ウェストサイド」をのびのび踊ってくれたので、何も言うことないくらい満足で幸せなオリンピックでした。
皆様、鈴木選手の応援ありがとうございましたって自分何様。
楊翠霞 * スポーツ * 01:06 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ