<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2位浮上 | main | 映画の話 >>

蒼穹の昴 第3話

実は、第2話、見るのを忘れてますたorz。
気が付いたら、もう10時半で。
なので、コメントはなしですが、ただ、最後の方だけみて、何で文秀とミセス・チャンがそんなに親しげなのって思ったです。

なので、第3話は、9時頃からチャンネルを合わせて、テレビの前で待機してますた。

これ、もう完全にオリジナルですね。
ミセス・チャンが文秀の相手役フラグだったり、つかいきなり早々に正体バラしちゃたり。
ミセス・チャン役の殷桃さんは、洋装より、満州ファッションのが似合ってて、可愛いなあって思いました。
西太后とのやり取りが何か可愛らしくて良かった。
安徳海も、原作とは全くキャラが違うけど、面白い。役者さんが上手。
原作既読者にはいろいろ言われてしまうかもしれないですけども、私はこれはこれで面白いと思ったです。
これからの展開が結構楽しみ。
それに、衣装やセットが豪華で本格的で、ディテールとか凝りまくりなのが、とにかく眼福。

春児役の余少群くん、デラかわゆすラブラブラブラブ
つか、何かSっ気をそそる子だよねって、え。
安徳海にばしばし叩かれるとこで、うっかり萌え(以下略)。

でも、次回予告だと、やっぱり乾隆帝の幽霊は登場するみたいですねー。

で、何か李鴻章の出番はない気がした。
日本では、割といろいろにイメージされてるけど、多分、現代中国では、評価が余り良くないのではないかと思うので、中国側が取り上げないのではないかと。
太平天国鎮圧したり、日清戦争に負けたりしたし。
公式サイトの人物相関図にも、袁世凱はいるけど、李鴻章いないしね。

ちっ。

あ、公式サイトの人物相関図の蘭琴が、あんまし…な感じで、がっくし。
美少年なのに…。

ちっ。

まあ、いろいろ残念なこともありつつ、とにかくなかなか面白いし、春児カワユスなので、楽しみに見ようと思いマス。

…あ、ミセス・チャンの唇が荒れてたのが、無闇に気になった。さすがあちらの女優さんは大雑把やな…。
楊翠霞 * テレビ * 23:16 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ