<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

アントニオ・ガデス舞踊団 日本公演 Cプロ

3月1日 文京シビックホール 大ホール 1階6列30番台

プログラム:「血の婚礼」
翻案:アルフレド・マニャス、振付・照明:アントニオ・ガデス
音楽:エミリオ・デ・ディエゴ、ベレジョ・イ・モンレアル、フェリペ・カンプサーノ
出演:母/ヴァネッサ・ヴェント、花婿/ホアキン・ムレーロ、妻/マイテ・チコ、
レオナルド/アドリアン・ガリア、花嫁/クリスティーナ・カルネーロ
「フラメンコ組曲」
振付・照明:アントニオ・ガデス、ソレア・ポル・ブレリアス、
タンキージョス振付/クリスティーナ・オヨス
音楽:アントニオ・ソレーラ、アントニオ・ガデス
出演:ソリスト/ステラ・アラウソ、アドリアン・ガリア
ほか、アントニオ・ガデス舞踊団
カンタオール/エンリケ・パントーハ、フアニャレス、ガブリエル・コルテス
ギター/アントニオ・ソレーラ、カマロン・デ・ピティータ、ラモン・ヒメネス

フラメンコって、割と昔から興味があって、超文化系なワタクシが珍しくやってみたいとか思っていたり(思ってるだけ)するので、ふとした折りに、新聞の広告が目に留まり、観てみたいなーと思ったのがきっかけ。

シビックホールは、綺麗な会場ですが、前方の列の段差が緩くて、前の席の人の頭が気になりまくり。フラメンコは、足元が見えにくいというのは結構致命的なので、却って後列の方がいいかも。
客席は、実際にダンスとかやってそうな、スレンダーで華やかな方が多くて、地味なワタクシは少々気後れしてしまいますた。次はもっとファッションとか気張って来よう。
続きを読む >>
楊翠霞 * 観劇(舞踊) * 00:42 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ