<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

年末年始のみども

あけおめでございます。

1/5 13:05にちょっと書き足し。

年末のみども
・仕事納めの後、職場の友人と京都に行きました。
・旅程:寶積寺→山崎蒸留所→華厳寺(鈴虫寺)→六波羅蜜寺→三十三間堂
・反省点:職場の人と一緒に旅行すると仕事の話になって、気分転換にならないので、避けるのが吉。
・ただ、ブツ旅的には、結構充実していたので、詳細レポを近いうちに。
・冬のお祭りに行って、アフターで飲んだくれました。
・去年も年賀状は31日に書きました。
・大掃除は、やってませんv(^-^)。
・紅白は、自分的ハイライトは、「いいちこ」(違)と「天城越え」ですた。
・♪あなたと〜お〜こえたあ〜いっはっまぎ〜〜〜〜〜〜ごおえ〜〜〜〜〜〜
・ソウルだ…(感涙)。

年始のみども
・「世界ふれあい街歩き」という番組は、好きなのですが。
・正月に、イタリアだけダイジェストというスペシャルを見て、この番組は、一つの街をじっくり見るのがキモなんだなーと実感しますた。
・ヴェネツィア行きたいなー。
・って言ってたら、イタリアに行った夢を見ました。(4日の明け方の夢なので、初夢ではない)
・と言っても、イタリアに行って楽しかった!って夢ではなくて、どうやら、何故かイタリアで暮らしていて、外国暮らしって大変(>_<)という夢だったようです。
・ようですというのは、詳細を覚えていないからです。
・家族に付き合って、「相棒」すぺさるとかちょっとだけ見ました。
・何だか大概な終わり方でしたが、南果歩の号泣ならぬ爆笑には戦慄。
・家族で箱根湯本に、温泉に浸かりに行きました。
・明日から仕事です。
・頑張ろう…。

というわけで、ことよろでございます。
去年もホームズ部屋の更新は出来なかったなあ…。
ガイ・リッチー版ホームズは、アイアンマンの中の人が無理だったし…。
楊翠霞 * ごあいさつ * 23:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

あけおめでことよろ

…って、もう死語だよねん。めりくりとかさ。

去年の新年の日記を見たら、新年の目標が「ホームズ部屋を更新すること」だったので、ぎゃぼーんとなったです…。
今年こそ…ほら、あれだ、超美麗ワトスンじゃなくてガイ・リッチー版が公開されるしさって、オオカミが、かみんぐすーん。

結局、年末は、冬のお祭りの後、ナルジャンルのお仲間にアフター誘われて日付変わる寸前まで呑んだくれて、翌大つごもりは、年賀状仕上げて、やっつけられるだけ掃除をやっつけて、同じ市内の実家にまっしぐらで終わってしまったです。
あ、紅白はスーザン・ボイルしか覚えてないです。あのおばさん、半端ないわ。

年が明けたら、近所の神社に初詣(元旦に初詣に行ったのは、数十年ぶりってのはもちろん大袈裟だが結構久し振りなのは確か)に行って、大吉のおみくじを引いたり、箱根駅伝をちょっとだけ見たり、BSで放送してたフィギュアスケートを見たり、浅草歌舞伎を見に行ったりしてました。
歌舞伎のレポは後ほど。

あ、ドラマ「蒼穹の昴」は録画はしてますが、まだ見れてません。明日には見れるかなー。

去年は、実のところ、仕事の面では最悪の一年とは言わない(もっとシンドイ年もあった)までも、自分的景気の二番底?ってくらい大変な年で、しかも今年も改善の見込みがあんまりない感じなんですけども。
でも趣味の面(サッカーとかフィギュアスケートとかナル二次活動とか)ではいろいろ良いことがあったので、今年はもっともっと良いことがあるといいなあ。

当面、今年の一番の関心事というか心配事はバンクーバー五輪だなや。皆様、本当に鈴木明子選手と高橋大輔選手と小塚崇彦選手の応援、よろしくお願いします。特に鈴木さん!!
楊翠霞 * ごあいさつ * 01:32 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

あけおめでございます

ことよろでございます。

今年の目標「も」、「ホームズ部屋を更新すること」と致したいと存じます。…狼が来るぞームニョムニョ

今日(てかもう昨日)、初回放映でしたので、見ましたよ、新大河。

で。

のっけから、小栗三成の美貌にすっかり魂を奪われてしまいますた。

なので、何だか脚本とかいろいろこなれてない感じとか笹野秀吉はさすがに藤吉郎時代はキビシイんじゃないかとかお船は景綱の幾つの時の子なんじゃとか、割とどーでもよくなりますた。

で。

妻夫木兼続は滑舌が相当気になりましたが、北村景勝に「けしからん」(だっけ)と言われた時の表情に激しく萌(以下略)。殿がいじめたくなるのも無理も(以下略)。「殿〜お待ち下さ〜いラブ」って後追っかけてるのは、まるっきし子犬だと思いますた。子犬系戦国武将。

初回で時間延長なので、仕方ないかとは思いますが、ちょっと子供時代で引っ張りすぎではないかと。途中間延びしてしまった感が否めませんでしたねえ。今の感覚でも、明らかに子供の将来にとってプラスになることなのに、母子ともどもグダグダしすぎかと。ちょっといらっとした。
弟役の子役ちゃんがむちゃ可愛いと思いました。次回はもう小泉Jr.になっちゃうのかー。ちっ。でも、ちびっ子与六、あんな形相の阿部ちゃんにほっぺつねられて、よく泣かなかったなーえらいなー。
阿部ちゃんに攫われるちびっ子喜平次は、まるで姫ですた。何だかときめいちゃってる感じがヤバ(以下略)。

まあ、まずは期待通り(どんな期待だ)の出だしということでー。

ちなみに、兜の「愛」はloveではなくて、愛宕明神の愛なんだそうですが、ドラマ本編でそれが明らかにされることはあるんじゃろうか。

大河の後にやってたNHKスペシャル「桂離宮」がよかったです。
ところどころで映画「陰陽師」のサントラが使われてるのには、ちょっとたらーっでしたが、おのれの趣味美意識を実現するために何もかも注ぎ込める生き方って、憧れるなーって思いました。

あ、年末に映画「犬神家の一族」(2006年版)をテレビでやってたのを、最後の20分くらいだけ見ました。
菊ちゃんがとても綺麗でした。
最初からちゃんと見てたら、顔半分黒こげな菊ちゃんとか湖で倒立〜な菊ちゃんとか見れたみたいなんですが、別に見たくないんでいいかなって思いますた。
でも、「母さん!!」て呼んでる相手がほんとに母さんなんで、ちょっと笑いました。
でも、息子さんよりお母様の方が顔ちっちゃいんだやっぱりーって思いますた…ふぅ〜ん
楊翠霞 * ごあいさつ * 01:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ